一般社団法人
会員ページはこちらから
 

サイト内検索 
 富山県理学療法士会   
 Toyama  Physical  Therapists  Association


新年のご挨拶

富山県理学療法士会 会長 酒井 吉仁

皆様におかれましては、つつがなく新しい年をお迎えのことと喜び申し上げます。

 ご承知の通り今年は、天皇陛下の生前退位により、年号が変わる歴史的な年です。古くは、占いや天変地異などの理由で改元されることもあったようですが、現在では昭和54年に成立した元号法によって、皇位の継承があった場合に限り改める(一世一元の制)と定められています。平成の年号の由来は、史記の「内平外成」、書経の「地平天成」からで、「国の内外、天地とも平和が達成される」という意味だったようです。新しい年になり年号が変わっても平成という言葉が持つ願いは、まだまだ引き継がれていかなければいけませんね。

 平成という時代を振り返ってみれば、少子高齢社会の到来と共に、持続可能な社会保障制度の確立を図るために国民健康保険制度が見直され、診療報酬・介護報酬・障害福祉サービス等報酬の改定が行われるなど、新たな時代に向けた変革の時代だったように思います。富山県では平成13年度より脳卒中患者をはじめとする要介護者へのリハビリ支援体制が推進されてきましたが、17年ぶりに地域リハビリテーション支援体制推進のための会議が始まりました。益々、リハビリテーション専門職への社会ニーズが高まってきています。

本年も富山県理学療法士会は、公的な役割を果たす法人として「人とともに歩き、人とともに成長し、社会に貢献する」ことを基本理念とし、県民の皆様の医療、福祉、保健に寄与できるように努めてまいります。引き続き当会の活動につきまして皆様のお力添えをいただけますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。


 一般の皆様へ   for visitors  会員の方へ   for members